スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ posted by IWAMOTO MOTOHIRO
綺麗かではなく清潔にする
お店づくりを行う上で、いつも「お洒落にしたい!」
っていうのがあるのですが

自分が思っていることと他人が見ての反応は違い
また、デザイナーが起こしたラフが
リアルになることも・・・難しく
う~ん
写真 (2)


以前、誰かに言われたのですが
「ちょっと抜けた感があるお店の方がいい」
理由は、決まりすぎていたら気軽に入れないから

なるほど。
お店づくりの本なんかも読んで見ました。
周りがお洒落な雰囲気の街並みに合わせると
同化して目立たなくなり
通りすぎてしまう

これも、ありえそうです。

ただお店が綺麗なのはいいとしても
QSCで判断したときにどうなのか?

クリンリネスの定義をマクドナル的に見ると
「通りゆく所、すべてゴミひとつ無く清潔」

そうなんです!綺麗って清潔とは違うんですよ。
確かに清潔にされて綺麗になることはあるかもしれないけど

綺麗をクリンリネスとしてお店づくりをするのか
清潔をクリンリネスとしてお店づくりにするかで

掃除の仕方が変わる

辞書で調べてみると、このように違いがありました。
「綺麗」は、美しいや形が整っている
「清潔」は、汚れが無い衛生的である

実は、これ昨晩の月次チェエクで出た話しなのですが
この意識の違いが結局はお店の店長が履き違えると
クリンリネスが怠ったりする原因になるんでしょうね。

伝えることと理解すること
理解するのは相手側なので
いかに、こちらの意図していることを伝えるかが大切だと
感じました。
人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ posted by IWAMOTO MOTOHIRO
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。